青ねぎ・小ねぎの栽培農家だった私たちが、株式会社としてスタートしたのは昭和63年のことです。販売先はもちろん、当社のねぎを食べていただくお客さまにも満足してもらいたい、新鮮で安心して食べられる健康野菜を通じて幸せな生活のお手伝いができたら、と考えたからです。

計画して生産していますので、ムダなコストもかからず新鮮なままお届けすることができます。作業効率を高めるために、ほ場の集約や作業の機械化を行ったり、有機肥料・ハウス資材を直接仕入れるなど、質は落とさずコストをできるかぎり削減する工夫や努力を続けています。

グローバルギャップ「グローバルギャップ認証」。それは、安全な農業に関する国際基準。当社の農園は、日本で3番目にこの認証を受けました。この認証を受けるためには、総合的穀物管理(ICM)、総合的有害生物管理(IPC)、品質マネジメントシステム(QMS)、危害分析および重要管理点(HACCP)、労働者の衛生、安全、福祉、並びに環境汚染および保全管理などの基準をクリアーしなくてはいけません。管理は大変なのですが、お客様に安心と安全をお届けするための努力は惜しみません。



LinkIconねぎづくりへ.....

1